住まいと子供たちの情操教育について。

CONTENTS
住まいと子供たちの情操教育について。
住まいと子供たちの情操教育について。

洋室と和室と住まいの使い方

洋室と和室では使い方が違ってきますが、和室は日本人にとっては昔からの伝統的な空間ですから、日本人の遺伝子が和室を求めていて、そこで寝転んだり、座ったりリラックスをするようにできているのだと思います。そのような習慣からも、洋風の住まいでも一部屋ぐらいは和室を作りたいとも思うものです。全体的に和風にすると、癒やしや落ち着きが、その空間に創りだされますので、そのような意味でも住まいは和室が日本人にあっているようにも思います。住まいでも一部屋ぐらいは和風の空間もあっても良いのではないかとも思います。また冬などにはこたつも似合う空間ですので、そのスタイルも和みます。

洋室の場合には、すべて同じ床にすれば広さを選ぶことができます。仕切りをアコーデオンカーテンや移動式の家具などで区切っておけば、部屋の変更がその都度できますし、集会やパーティなどでも場所を広く取って楽しむこともできます。そのような使い方をしている人たちもたくさんいます。料理教室や、お花や、その他の趣味の集まりや教室もできますから、副業にも使えます。そのような使い方もできますので、広さを重視するならば洋室の場合有利に使えます。また部屋が狭い場合には、テーブルなどを低めのものを選ぶと、その分広くなったように見えますのでそのようなテクニックも利用できます。