住まいと子供たちの情操教育について。

CONTENTS
住まいと子供たちの情操教育について。
住まいと子供たちの情操教育について。

住まいの整理と収納率

住まいにには、いろいろな指標がありますが、整理整頓に関しては収納率というものがあり、マンションではその収納率が8%、一戸建てでは10%が理想だということでした。押し入れや納戸、クローゼットなどですが、住まいを購入する時に忘れがちなのが、自分たちの荷物の量で、夫婦だけならともかく、子どもたちがいる場合や、両親などと同居の場合には、家族全体の荷物の量を把握して、その荷物が入るかどうか、空間を快適に利用したうえで、それらの荷物がじゃまにならないようにできるかどうかも考えて購入すべきだとも言われます。何とかなるだろうでは、何ともならない時には、あとで困ることになります。

また荷物というのは、増えていくものだということも考えておかないと計算違いになり、荷物の中で生活するようになったりします。荷物が片付かないと思いも落ち着きませんから、整理整頓は思った以上に重要になります。新居に引っ越す前に、今の生活の中で収納率が何%位あるのかも考えておくと参考になりますし、8%や10%以上荷物があるということは、それだけ本来の姿や理想から離れすぎている、持ちすぎているということの現れであると思います。そのことも整理整頓の指標にしてみると良いと思います。

関連サイト情報