住まいと子供たちの情操教育について。

CONTENTS
住まいと子供たちの情操教育について。
住まいと子供たちの情操教育について。

住まいとしてのマンションと規模

住まいとしてのマンションには大規模マンションと小規模マンションがありますが、だいたい50戸が境になり、それ以下が小規模マンションで、100戸以上が大規模マンショになるようです。その時にどちらを選ぶかということですが、特に地方の場合には、大規模マンションは駅の近くとか、ショッピングモールがあるとかの立地が良い所に建設されることが多いようです。小規模マンションの場合には、個人所有の広めの土地があれば十分建設できますので、何処でも建てることができます。そうなるとどちらが住みやすいかという立地の問題になりますが、当然大規模なマンションの立地のほうが利用しやすいので良いということになり、大規模マンションのほうが当然有利になるということになります。

そのように見てくると、都市部の小規模マンションは別ですが、地方の場合には立地で有利な大規模マンションの住まいを購入するのが原則だということになります。将来の資産価値を考えても、それが有利ではないかと思いますが、売却を考えない終の棲家ということでしたら、その限りではないので、あくまでも自分たちが住みやすいところを選ぶべきではないかと思います。売却する必要がないからです。

関連サイト情報