住まいと子供たちの情操教育について。

CONTENTS
住まいと子供たちの情操教育について。
住まいと子供たちの情操教育について。

定期借地権付きの物件と住まい

定期借地権付きの物件というものがあり、住まいとしては結構多くこのシステムを利用している人もいるようですが、メリットやデメリットを考えないと将来事情が変わった時など困る場合もあります。定期借地権付きの物件は、土地が自分のものではなく、50年間借りて、その上に自分の住まいを建てる方法で、費用を安くして自分の住まいを得られる方法ですが、名前の通り土地を借りているので、将来返さなければならないというデメリットもあります。またその時には、更地にして返さなければならないので、その費用もかかりますし、その時には自分の家もなくなってしまいます。そう考えると特定の条件の中で活用できる物件だということになります。

また50年も同じ住まいに住んでいるかということもあり、そのことも考えてしまいます。考えられる活用方法は、賃貸経営で、誰かにその時まで貸しておいて、返却時の更地にする費用などに利用するなどですが、それならば自宅を住宅ローンで購入していたほうが、その住まいを、それ以上の期間使う場合でも有利ではないかと思います。また資産価値が少ないのでローンなどが通りにくいということもあるようです。いずれにしろ条件次第の利用ということになります。