住まいと子供たちの情操教育について。

CONTENTS
住まいと子供たちの情操教育について。
住まいと子供たちの情操教育について。

住まいは、明るい雰囲気でありたいもの

住まいはいつもほっとする明るい空間であってほしいものです。もちろんそこに住む人達の気持ちの結びつきや状況によるものだと言われそうですが、住まいそのものが、家族の気持ちを明るくしてくれ、絆を結んでくれる役割を担ってくれている面も多々あるものです。だから、私が住まい選びをする時は、家族の全員の生活の動線が、交わるところをこだわりました。その交わる点がうまくリビングになるように、そして、リビングにみんなと一緒にいたいと思えるように、一番便利で快適な空間にするべく、そこで全てができるようにワークデスクや収納も完備しています。集合するだけの場所であると、ちらかり、まとまりのつかない空間になってしまい、家族が集合する度に片付けるように叱ることの方が多くなり、失敗した経験があるからです。

住まいが家族に貢献してくれるようにするには、失敗の繰り返しを改善することなのでしょうが、早々リフォームばかりしていられるはずもありませんから、成功事例よりも失敗の体験談情報の収集こそが大事なのかも知れません。初めて夢のマイホームを持つにあたっては、どんなにプランを練りに練っても、住んでいる内にここはああした方が良かったという思いが出てきますので、それが一つでも少なくできて、明るい雰囲気の家族って良いなあとなる住まい作りに頑張りましょう。

関連サイト情報