住まいと子供たちの情操教育について。

CONTENTS
住まいと子供たちの情操教育について。
住まいと子供たちの情操教育について。

冬暖かい住まいを考えました

冬が長くて厳しい信越地域に住んでいるので、暖かい住まいに憧れていた私たちは、家を建てる時には暖炉のある家が欲しいと思っていました。降雪量は多くないのですが、気温が低い地域で、毎朝氷点下5度以下まで冬場は下がります。その為、結露がしない事と、家全体が暖まるような住まいを求めて、地元のハウスメーカーに相談に行きました。大手メーカーでも暖かい家は作れるのですが、やはり住んでいる地域の気候に詳しい地元の会社の方が私たちの希望に合った家を作ってくれるのではと思い、こちらに決めました。

家全体が暖まるように、暖炉をリビングに設置して、その上は吹き抜けにし、熱が2階まで届くように設計してもらい、2階の部屋には壁を設けませんでした。寝室は2階なのですが、壁がないので暖炉の熱がじんわりと運ばれてきて想像以上に暖かいです。なので布団も1枚で充分でした。その代わり、吹き抜けのあるログハウスのような作りですので、家自体は狭くなってしまいました。2階には寝室と子ども部屋が1つしかありませんし、1階はリビングダイニングキッチンです。和室も無いですし、収納も無いので家の外にガレージを作りました。

それでも、暖炉の他に暖房器具は使いませんし、床暖が無くても裸足で歩ける家を作れたのは希望通りです。

関連サイト情報