住まいと子供たちの情操教育について。

CONTENTS
住まいと子供たちの情操教育について。
住まいと子供たちの情操教育について。

住まい探しと防災について

皆さんが住まい探しをされる際、参考にするのは家の価格や家賃、最寄の駅からの距離ではないかと思います。それも大切なのですが、もうひとつ探す際に参考にしておきたいものがあります。それは防災対策です。最近よくニュースや新聞でゲリラ豪雨に伴う洪水で床下浸水などが起こっているということを聞きます。このような気象による災害はこれからも多く発生するだろうと考えられます。そこで生命や財産などを守るために、家を買う、または借りる前に防災の点でしておくべきことを紹介したいと思います。

まず、買いたい、または借りたい家の環境について調べることが大切です。たとえばそのような家が海岸沿いに位置している場合、高潮や津波などのハザードマップを確認する必要があります。崖や傾斜地にある場合は土砂崩れのハザードマップを確認する必要があります。次に物件が地震になどに耐えることができるかどうかのチェックも必要です。最近では法律で老朽化した物件にはその修繕を行なう義務が定められているので、多くの物件は対策が施されていると思いますが、中には修繕されていないものもあるので不動産屋などに相談するのがいいと思います。

以上が防災の点で行なうべきことでありますが、インターネットでも防災に関する情報がたくさんあるのでそちらも参考にするのもいいのではないかと思います。